• ホーム
  • 美容目的でヒルドイドを使用する時に知っておきたい副作用とは

美容目的でヒルドイドを使用する時に知っておきたい副作用とは

2020年03月07日
スキンケアをしている女性

保湿や美容のために、美肌のためにスキンケアをしたい場合、ヒルドイドが含まれたクリームやローションなどを使うのは悪い選択肢ではありません。ですが、医薬品としても使われることが多いほど効果が高いクリームなので、その副作用も知っておきたいところです。もしここに当てはまる副作用が出てしまった場合、使用を中止しておきましょう。

まず、ヒルドイドそのものには保湿効果が高く、また血行促進効果があります。この二つだけならば肌荒れや副作用が起きることは少ないのですが、基本的に良く出やすいのは赤みです。赤みは主に塗った部位だけに起こるので、顔全体が赤くなるのではなく、塗った部分だけが赤くなります。これは血行が促進されたことが原因、という人もいますが、今のところまだこれという要因は分かっていません。次にかゆみが出るという可能性もあり、血行が促進されたので肌の刺激に敏感になる可能性もあります。かゆみについてもあまり顔などは引っかくと肌荒れになってしまいますので、気をつけておきましょう。

また、レアなケースではありますがただれや肌の色が紫になるなどの副作用も報告されています。特に肌の状態がひどくなり、肌が余計に荒れてしまう事も考えられるのです。そして、ヒルドイドという成分そのものではなく、クリームや軟膏の油分によってニキビが出来てしまうという副作用も口コミで見られます。この場合は油分をカットしているローションタイプを使う方が望ましいか、あるいは使用する量を調整してニキビなどができにくくするように工夫してみるのが良いでしょう。

基本的にヒルドイドそのものは副作用があまりないので、多くの皮膚科などで処方されています。ここに出た副作用もあまりどれもが頻繁に報告されているというものではなく、実はかなりレアなものです。とはいえ、絶対に安全という薬ではなく、やはり何らかのトラブルが起こる可能性はどの薬も同じように否定できません。このため、塗った部位をきちんと確認して肌トラブルが起きていないかどうか、肌との相性はどうか、かゆみや違和感、赤みなどが出来ていないかどうかはしっかりチェックしておきましょう。また、気に入っていたとしても肌に負担になってしまうようなら使用を中止してください。副作用が出ているようなら使用を中止して、もし医師からの処方ならその遺志に副作用が出たことを申告して、別の薬を処方してもらいましょう。